スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏葉の紋とは

  • 2013/11/15 22:56
  • Category: 手引
バナー

当方は戦国時代の武将・大友宗麟とその仲間たちを愛でつつ、漫画やイラストを描いていく創作ブログです。
登場人物や物語は必ずしも史実と一致しませんのでご了承ください。
リンクはフリー。バナーはお持ち帰り推奨です。
連絡事項等ある場合はお手数ですが拍手からお送りください。返信が不要の場合は
その旨お書き添えを。
コメント欄も開放中です(。・∀・。)/

杏葉の紋
[杏葉の紋とは?]
大友氏一族、大友氏の古くからの家臣、さらに大友氏から使用を許された家のみが使用できる家紋のこと。
この杏葉の紋を使用する家臣は同紋衆として大友氏から重用された。

登場人物紹介はこちらから。
漫画一覧表はこちらから。

日本の歴史検索エンジン
スポンサーサイト

ゾイド -ZOIDS- Blu-ray BOX 発売おめでとう!!!!

  • 2013/08/02 14:05
  • Category: 日記
今回は宗麟とは全然関係ないネタですが、嬉しさのあまり書きます。

ゾイド-ZOIDS- Blu-ray BOX発売おめでとう!!!!

この日をどれだけ待ち望んだことか…長かった。ついに念願叶ってBOX化。
またバンたちの勇姿を好きな時に好きなだけ見られるのかと思うと、感涙の極みです。
今でも自分の人生で一番大好きなアニメです。

未視聴だけど興味があるよ~という方は、youtubeにアニメが数話分UPされていますので
是非観てみて下さい!
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9F9812274D5AF678
また現在キッズステーションでHDセレクションとして再放送中ですので
こちらもチェックしてみてください。
http://www.kids-station.com/program/detail/172725.html


というわけで、ここからはゾイド語りを始めたいと思います。ネタバレ注意
登場人物紹介はWikipediaから引用させて頂きました。
ちなみに私が一番好きなゾイドはレブラプターです。



ゾイド バン


バン・フライハイト
辺境の村ウィンドコロニーに住む少年。性格は明るく天真爛漫、思ったまま素直に行動する熱血少年。
父親ダン・フライハイトのようなゾイド乗りになることを夢見る。
両親はすでになく、面倒見のよい姉マリアとの二人暮らし。
遊びに出た先で盗賊団に追われ、逃げ延びた砂漠の遺跡でオーガノイドのジークと、
同じ型のカプセルから出てきた古代ゾイド人フィーネと出会い、
彼女の過去を探るため旅に出ることになった。
遺跡近くで朽ち果てていたシールドライガーがジークの力によって復活し、愛機となる。


今度もメチャクチャ動きまくるぜ!

バンは少年漫画の王道主人公という感じですごく好きです。
軽すぎず重すぎない丁度いい性格できちんと物語を引っ張ってくれてて、
ゾイドがこんなに心に残る作品になったのもバンのおかげだろうなーと思います。
第二部では外見がすごく立派になっててびっくりしましたが、中身は全然
変わらない素直なままで、OPの歌詞そのままの青さが爽快でした。
そう…ゾイドは全話通してOPが同じで、ガーディアンフォース編から
絵だけちょっと変えてくるところがまた良いんですよね。


ゾイド フィーネ


フィーネ・エレシーヌ・リネ
ジークと同じ遺跡で発見された少女。
「フィーネ」という名前以外の一切の記憶を失っていた。
旅の中で甦った記憶「ゾイドイヴ」という言葉を頼りに自分の過去を探し求め、
その旅を続けることで、記憶を取り戻していく。


フィーネのお・ね・が・い

アニメ放送から10年経っても色あせない斬新な髪型。そして塩コーヒーの達人。
1部のひたすら謎でボーッとした性格も好きだし、2部のしっかりしている
ように見えてたまにボケちゃうところも好きです。
ダイナマイトジークの回は、敵の変なコスチュームも相まって最高でした。
バンの隣にいるのが当たり前というか、見ていて安心できる理想のヒロイン。


ゾイド アーバイン


アーバイン
賞金稼ぎで、ゾイド乗りとしての腕前は一流。悪ぶってはいるが、卑怯なことは嫌い。
オーガノイドを探して旅をしている中、ウインドコロニー近くの砂漠でバンたちと出会う。
彼がオーガノイドのジークを連れていることを知り強奪しようと付け狙ううちに、
バンのことを気に入り、旧友のムンベイと共に旅をする仲間として同行することになった。


俺と一緒に走れぇぇえええええ!!!

声優さんがヒロシだと知ったときの衝撃。
全く気づいてなかったよ…藤原さんすごい。『ゾイド狩り』辺りでようやく知りました。
最初はジークを狙うイヤな奴ポジションだったのが、その内自然に仲間になって
いったのがいいなぁと思います。
アーバイン仕様コマンドウルフが大好きだったので、瀕死状態になっているのを
見て、アーバインと一緒に胸が痛くなってしまった。
ゾイドは機械だけど生きてる、ってところが重要なんですよね。
アーバインの、普段は素っ気ないけど、内に熱い心と優しさを秘めているところが
たまらなく好きです。


ゾイド ムンベイ


ムンベイ
荒野の運び屋。どんな仕事でもこなしてみせると自負するほどの腕前だが、
バン達のせいで1度帝国軍の弾薬輸送を失敗し、それ以降はバン達と行動を共にする。
性格は明るく大らかな姉御肌だが、気ままで金にがめつい。アーバインとは旧友。


あたっしはぁ~こうやのぉ~はこびやさぁ~ん♪

グスタフにバン+フィーネ+アーバイン+ムンベイ+ルドルフで仲良く乗っているのが
微笑ましかったです。
あまり戦闘向きじゃないので、後半シリアス展開になってきてどういう役回り
をするんだろうと思っていたらまさかのウルトラザウルス…!!
お金持ちの元恋人がいたり、レースで活躍したり、人生経験豊富でフィーネとは
対照的な女性ですね。でもそこが魅力というか頼もしい。


ゾイド レイヴン


レイヴン
帝国最強と言われるゾイド乗り。黒いオーガノイド・シャドーを連れている。
一人称は「僕」だが、ガーディアンフォース編からは「俺」。
性格は極めて冷酷かつ好戦的。バンに「天才」と言わしめる操縦技術と戦闘センスを持つ。
プロイツェンの部下として行動する中でバンと出会い、幾度となく戦うライバルとなる。


俺以外の誰にも負けることは許さない

これぞザ・ライバル。ジェノザウラーの荷電粒子砲がかっこよすぎます。
最強最悪だったレイヴンの過去が明かされた回は思わずしんみりしてしまいました。
シャドー切ないよシャドー。
最終話で念願のバンとの共闘が叶ったわけですが、その後はどうなったのかという
のが気になるところです。
バンとは友達になれたのだろうか。


ゾイド トーマ


トーマ・リヒャルト・シュバルツ
帝国軍大佐カール・リヒテン・シュバルツの弟で、ガーディアンフォースの一員。
帝国軍での階級は中尉。名家の生まれだけあってプライドが高く、
ゾイドに関する知識やゾイド乗りとしての腕前には絶大な自信を持っている。
本人曰くオーガノイド以上の性能を持つという戦闘AI ビークを自ら開発し、
搭乗ゾイド(主にディバイソン)に組み込んで活用している。


メガロマックス ファイヤーーーー!!!!

第二部はトーマのためにあったんじゃないかと思うくらいお気に入り。
フィーネや兄さんが絡むギャグ回は秀逸です。
三角関係のはずなんだけど、バンもフィーネも全く意識せず、恋愛のドロドロさ
が皆無なのがよかった。
1部ですでに人間関係が出来上がってて、その上ゾイドで1・2位を争う人気
(推測)のシュバルツの弟という設定は一つ間違うと大変なことになりかねない
のですが、それを感じさせないトーマは絶妙なバランス感覚の持ち主なのかも
知れません。
あと最近、トーマは英語で書くと「Thomas」だから、トーマス・エジソンから
名前を取ったのかな?と気づいたのですがどうでしょう??


ゾイド シュバルツ


カール・リヒテン・シュバルツ
帝国軍少佐。後に大佐へと昇進。トーマの兄でもある。
性格はいたって生真面目で、ルドルフへの忠義心も非常に篤い。
プロイツェンの政策には最初から最後まで反感を抱いており、帝国と共和国を
和解させようと願っていたが、戦争では自らが帝国軍の先頭に立つという皮肉なことに。


貴重な忠告だ。紙に書いて壁に貼っておこう

消えた黒百合の謎。
アーバインのラブロマンス回がショックで「シュバルツだけはどうか…!」と
ひたすら念じていました(笑)
今思うとそんなに嫉妬するほどの恋愛話ではなかったのだけれども、
当時は子供だったので結構な衝撃でした。
…なお漫画版は見なかったことにして乗りきったもよう。
「罠だ!」(←絶妙なタイミング)も好きですがやっぱり『大空の勇者』が至高。
シュバルツ仕様セイバータイガーを使った演習からルドルフをかばうための自爆まで、
とにかくかっこよすぎです。
基地が爆発したとき「シュバルツはどうなったんだ!?」…と再登場までハラハラ
させられました。
あの最後の台詞、遺言にしか聞こえない。
人気があるけどたまにしか出てきてくれないのもファン心をくすぐるお方でした。



上記に描いていない人たちも含めて、主役のバンからレギュラー陣、モブ、悪役に至るまで
全員大切な存在です。

OP・ED、Robert Etollさん&杉内信介さんの音楽も最高で、
アーバインのテーマ、トーマのテーマ、戦闘時の音楽、コミカルな場面でかかる
音楽まで名曲揃いなんですよね。

とにかくアニメゾイドのすべてが好き!

そんなわけで何から何まで大好きな作品なのでこうしてBOXになると感慨もひとしおです。
語り出すと止まらない…もうこれくらいにしておこう。

ここまでお読み頂きありがとうございました!

BOXゲットなされたファンのみなさま、おめでとうございますm(__)m
この記事を読んで興味をもたれたという方がもしいらっしゃれば、是非アニメを
観てみてくださいな。




ゾイドは昔も今も私の心のオアシスです\(*^▽^*)/




告白

  • 2013/07/02 00:40
  • Category: 漫画
告白1




相対性と絶対性

  • 2013/06/03 01:56
  • Category: 漫画
衝動




相対性と絶対性1




相対性と絶対性2



厳島神社の祈り

  • 2013/05/15 01:10
  • Category: 漫画
厳島神社の祈り1


Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。